さちクリニックについて

診療方針

心の健康・変調が複雑化している時代に、私たちができること。

開業当時に感じていた以上に、いま、心の治療機関の必要性が高くなっています。
女性の生き方の多様性や、伝統的な女性像との葛藤などにより、女性自身が人生設計のモデルを持ちにくく、心の健康への影響が現れやすい時代なのです。
病状そのものの問題もありますし、それ以外にも人間関係の問題、環境や時代背景など、心の変調をいくつもの層にわたって考えながら、治療に取り組んでいます。

クリニックは高田馬場駅からすぐという、とても便利な場所にあります。
落ち着いた空間で、ご自身の訴えを医師と落ち着いて話せるような診察空間、診療環境を整えています。

  • 女性のメンタルな問題に関心を持ち、女性が訪れやすい、かかりやすいクリニックを心がけています。
  • 働く女性が受診しやすい時間帯を設定していますので、仕事が終わったあとにゆっくり受診していただけます。
  • 医師の治療のほか、時間をかけて自分を見つめる取り組みをする、
    心理療法の部門(サイコセラピー室ご案内はこちら)を併設しています。
    医師と臨床心理士が連携を取り合い、治療の層がより厚くなる工夫を心がけています。
  • 女性がかかりやすいクリニックは、男性にとってもかかりやすいように思います。
    どうぞご相談ください。
診察室
サイコセラピー室
待合室
待合室

クリニック概要

名称
さちクリニック
所在地
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-9 明芳ビル501号 [地図・アクセスはこちら]
電話番号
03-3208-5848
FAX
03-3208-5316
開業年
1988年
診察科目
精神科、神経科、心療内科
診察時間
診療時間表受付終了は各診療終了時間の30分前です。
休診日
日・祝日 ※年末年始、GW、お盆の休診があります。

さちクリニックmini展覧会

待合室で「さちクリニックmini展覧会 2022.7〜2023.6」を開催しています。

さちクリニックで私の作品を展示させていただき、今年は4年目になります。

ローマアカデミアでアートを学び、作家活動をしていたこともありますが、アートコーディネーターの仕事を始めてからは自分の作品を制作しませんでした。5年ほど前から作品制作を再開して、改めてローマアカデミやで学んだことを思い出しています。

40年前、ローマアカデミアに在籍していた時、サンテ・モナケーシー教授の個展で作品を見た時の驚きは今も鮮明に記憶に残っています。スポンジを丸めて紐で縛ってある作品でした。「これが作品!」という思いでした。教授から感想を求められましたが、返事に困りました。しかし、美術評論家達からは高い評価を得ていました。
当時、日本で木や、石、土など自然素材を使った「もの派」という芸術活動が始まっていました。素材の力や芸術家の行為そのものに注目する作品で、世界にも注目されていました。イタリアでもキャンバスを燃やしたり、曲げたり、穴を開けたりしたアート作品をよく見ました。戸惑っていた私も次第に理解を深めることができるようになり、それらの作品から多くの刺激や感動を受けました。アートの固定概念を根本から覆し、新しいものの見方ができるようになり世界を広げることができたと思っています。

長い年月が流れましたが、今回の作品で梱包材プチプチを使うことに挑戦してみました。見る人は「あれ!剥がすの忘れた?」と思うかもしれません。面白がっていただけたらと思います。
作品のテーマは平和と、多様性の象徴である虹です。
コロナが始まる前パリを訪れた時、多様性の象徴として虹をテーマに街が装飾されていました。世界各地で戦争による被害が報告されています。平和への願いも込めました。
様々な思いを重ねて自由に楽しんでいただけたら幸いです。

Yuko Sakurada 桜田 裕子
Yuko Sakurada 桜田 裕子
1949年 福岡県生まれ。
1973年 Accademia di belle Arte di Roma(ローマ芸術大学)入学。装飾学科でSante Monacheshiに学ぶ。
1977年 Accademia di belle Arte di Roma(ローマ芸術大学)卒業。
1977年 Roma Soligo画廊にて初個展を開催する。
1978年 帰国。
1981年 銀座シロタ画廊にて個展を開催する。
1996年 展覧会の企画やアートコーディネター活動を始める。
2019年 作家活動を再開する。

企画 アルテッセ 桜田裕子 ホームページ:http://www.artesse.jp

ページトップ

Copyright © Sachi Clinic. All Rights Reserved.